鶏肉以外でおつまみになる!唐揚げの人気アレンジレシピ5選

唐揚げ おつまみアレンジレシピ

鶏肉以外の材料で作る、おつまみ系唐揚げのおすすめアレンジレシピを一覧でまとめました。

 

おつまみに最高!ゴーヤの唐揚げ


https://cookpad.com/recipe/1206694

ゴーヤを半分にカットしたら、中のわたを取り除いて、5mm程度の厚さにスライスしていきます。

ビニール袋の中に、ゴーヤを入れたら、醤油、酒、にんにく、生姜を入れて20分ほど漬け込み、片栗粉をまぶしてフライパンに多めの油を入れて揚げ焼きにするだけ。

ゴーヤを料理する時には「塩水に漬け込んで苦味を取る」という方法が一般的ですが、このレシピではあえて苦味を残すように調理。ゴーヤならではの苦味と唐揚げの風味が「酒のあて」としてぴったりです。

 

蓮根のやみつき唐揚げ


https://cookpad.com/recipe/2892982

蓮根の皮をむいて輪切りにしたら、縦にスライスしていきスティック状にします。

カットした蓮根をビニール袋に入れたら、酒と醤油を入れて下味をつけておきます。

蓮根の水気をきったら、別のビニール袋に小麦粉、カレーパウダー、ガーリックパウダーを混ぜたものに入れてシャカシャカと混ぜ合わせて、油でカリッと上げれば出来上がり。

カレーパウダーがない時には、鶏ガラの顆粒や、コンソメ顆粒を入れて代用しても美味しく作れるそうです。

 

高野豆腐の罪悪感ゼロな唐揚げ


https://cookpad.com/recipe/417043

高野豆腐を熱湯で戻したら、しっかりと水気を切っておきます。(水気の切り方が悪いと、油で揚げる時にはねやすくなるため)

戻した高野豆腐を手で千切ったら、だし汁、にんにくすりおろし、生姜すりおろし、酒、醤油、塩コショウ、片栗粉を入れたビニール袋に入れて混ぜて、油で揚げれば出来上がり。

糖質少なめ&低カロリーで、罪悪感なく食べれるおつまみですが、油が気になる場合はフライパンで揚げ焼きにしても美味しいです。

 

大豆のサクモチから揚げ


https://cookpad.com/recipe/428230

大豆の水煮を水気をきってボウルに入れたら、フォークでつぶしておきます。

そこに、鰹節、ニンニクのすりおろし、醤油をいれて全体を混ぜて、食べやすい大きさに丸めたら、片栗粉をまぶして油でカラッと揚げるだけ。

独特の食感がクセになる味わいで、マヨをつけたり、スイチリをつけたり、つけるソース次第で簡単にアレンジできる所も良いですね。

 

無限につまめるカリカリわかめから揚げ


https://cookpad.com/recipe/729532

ほとんどお腹も膨れずに、無限にポリポリとつまめてしまうおつまみレシピ。

乾燥わかめを水で戻したら、しっかり水気を絞って片栗粉を全体にまぶし、油で揚げたら塩をふりかけて完成!

わかめ本来の味わい&塩で食べるシンプルな味付けが美味しいです。

油がはねしやすいタイプなので、一気に作らずに様子を見ながら少しづつ揚げていくのがコツ。

スポンサードサーチ

どんな、おつまみ唐揚げを作った?